GALLERY BLOG

花粉ジミ、黄砂ジミの除去方法

先日お預かりさせていただいたBMW325i、ボンネットを見ると一部に花粉ジミがびっしり。

オーナーにお聞きすると駐車場そばの植木が原因でした。洗車では取れずにそのままになっていました。

除去方法は簡単。熱湯とタオルで患部をしっかり蒸らし加熱し拭き取るだけ。

DSC_4877 DSC_4882

一度こびりつくと洗車だけでは取れなくなります。

R0013487-001

患部にマイクロファイバータオルを敷き、その上に熱湯(80℃以上)をかけます。しばらくそのまま蒸らし冷えてくるのを待ちます。絞れるくらい冷えてきたら固く絞って拭きあげてください。取れずに残っている場合は何度か繰り返します。これでほとんどの場合取り除くことが出来ます。

DSC_4884 DSC_4886

ゴマ塩状に花粉ジミが付いていましたが綺麗に取り除くことが出来ました。

北部九州は最近では1年中黄砂が混じったような汚れた雨が多くなっております。こまめに洗車が出来れば固着もしにくいのですが万が一付いてしまったらコンパウンド等でこする前にぜひ一度お試しください。

どうしても取れない場合はご相談くださいませ!

 

この方法は花粉ジミや黄砂ジミにも効果的です。コンパウンド等でこするよりもはるかに安全に綺麗に取れます。