車のダメージ

車のダメージ画像集

お車のさまざまなダメージ画像を集めました。愛車に同じようなダメージがありましたらぜひご相談ください。

シミ

キズ

付着物

汚れ

シミ

雨染み(軽度)

雨染み(軽度)

【原因】

雨が乾燥した跡。最近は黄砂が混じったケースが多く見られる。

【対策】

初期段階では洗車で取り除けます。こまめな洗車が有効。取れない場合は磨きが必要

雨シミ(中度)

雨シミ(中度)

【原因】

軽度の雨染みをそのままに放置しておくと徐々に塗装を侵食する。

【対策】

洗車では取れませんので磨きで除去。

枯葉等付着によるシミ

枯葉等付着によるシミ

【原因】

枯葉や樹液などが長時間塗装に付着したとき塗装面を侵食していく場合があります。

【対策】

発見次第取り除く。樹液はクリーナーやお湯で取り除くことができます。

ガラスの雨染み(ウロコ染み)

ガラスの雨染み(ウロコ染み)

【原因】

雨などがウィンドガラスに付着、乾燥を繰り返すことで汚れが固着してしまう。

【対策】

こまめにガラスを拭く。撥水コートを施しておくとシミ防止、お手入れが容易。

キズ

チョーキング

チョーキング

【原因】

工場周辺や線路周辺で付着することが多い。ブレーキダストによることも多い。

【対策】

発生してしまうと再塗装以外対処方法はありません。日ごろからのお手入れで発生を抑えることができます。

飛び石

飛び石

【原因】

走行中に跳ねた石により塗装面に傷が付きます。放置すると錆が出てくることがあります。

【対策】

タッチアップペイントにて錆が出ないように保護します。

洗車機傷

洗車機傷

【原因】

洗車機で洗車を繰り返すことにより傷が入っていきます。洗車傷と異なる点は直線の傷で回転ブラシにより洗車傷よりも深く傷ついている場合が多いです。

【対策】

ブラシ洗車機による洗車を控えノーブラシ(高圧水)洗車機か手洗い洗車を行なう。

複合傷

複合傷

【原因】

経年劣化による傷や人為的に付いた傷などが重なったダメージ

【対策】

ケースバイケースですが完全な修復は難しい。

コンパウンド傷

コンパウンド傷

【原因】

目の粗いコンパウンドで磨いたため白くくもっている。

【対策】

目の細かいコンパウンドで磨きとる。

拭き傷

拭き傷

【原因】

硬いタオルなどで力を入れすぎて拭いてしまったために付いたものと考えられます。

【対策】

やわらかいクロスでやさしく拭き取る。マイクロファイバータオルが傷も入りにくく吸水性も良いのでオススメです。

ピンホール

ピンホール

【原因】

塗装したとき塗膜内の溶剤成分が表層に出てきて小さなくぼみを作る。

【対策】

浅いものは磨きでも取れますがほとんどのケースで取れない場合が多いです。その場合は再塗装となります。

磨き傷

磨き傷

【原因】

塗装面を磨いたときの仕上げ磨き不足

【対策】

傷の見える照明下で作業を行い傷を確認した上で仕上げ磨きを行う。

付着物

黄砂

黄砂

【原因】

中国大陸の砂漠地帯から偏西風にのって飛んでくる数マイクロメートルほどの粒子。黄砂入りの雨や黄砂後の雨を放置しておくと黄砂粒子がボディに固着する危険性が高い。

【対策】

こまめに洗車をする。固着した場合はプロに相談

鉄粉

鉄粉

【原因】

経年劣化による塗装の白化、割れ。お手入れ不足のお車に多い。Aピラーの付け根など熱のこもりやすい箇所にも多く見られます。

【対策】

ねんど、鉄粉除去剤(紫色の反応しているのが「鉄粉」です。)を使って取り除きます。ネンドは必ず傷が付きますので処理後磨きます。

鳥フン跡

鳥フン跡

【原因】

屋外で電線や木の側などで駐車していると鳥糞をボディに落とされることがあります。

【対策】

発見次第取る。発見が遅れると侵食されて磨いても取れないことがあります。取るときは濡れティッシュなどでふやかして絡め取る。

ブツ取り跡

ブツ取り跡

【原因】

塗装のときにほこり等を核に1~2mmにきびのように膨らんだ状態をブツといいそれを取り除くときに付いたもの

【対策】

磨いて平滑化します。

汚れ

再塗装跡(塗装のちじみ・ペーパー跡)

再塗装跡(塗装のちじみ・ペーパー跡)

【原因】

再塗装前の下地の仕上げ不足によりペーパー跡が残り、チジミは下塗装の乾燥不良で生じる場合があります。

【対策】

ある程度磨きで改善はできますが完全な状態にするには再度塗装となります。

虫汚れ

虫汚れ

【原因】

とくに夜間走行中ヘッドライトの光に昆虫がぶつかって付着する。

【対策】

【対策】付着は避けられないので付いたら早く除去する。乾いてしまう前に濡れティッシュで擦らず絡めとるのがベスト。乾いてへばりついてしまった場合は付着面に濡れティッシュで柔らかくなるまで戻し擦らずに拭き取る。なかなか取れない場合は虫取りクリーナーもお試しください。

お問い合わせ