GALLERY BLOG

ガラスボディーコーティング施工後の洗車方法【コイン洗車場の手洗洗車】編

【洗車場の手洗い洗車】編

ガラスコーティングを愛車に施工しても何もお手入れなしに綺麗な状態を維持できるわけではありません。

やはり定期的な洗車が必要になります。

そこで場所別の洗車方法をご提案させていただきます。

 

1.足回り

洗車場に着いたらまず足回りから洗い始めてください。 ホイールの汚れやタイヤハウスの中の汚れは意外と手こずるものです。 いきなりボディに水をかけてしまうと特に夏場など気温の高い日はシミになりやすく 足回りを洗っている間にシミだらけになるかもしれません。

2.ステップ下や前後バンパーの下回り

特にタイヤ付近は砂などがこびりついていますので丁寧に洗ってください。

3.ボディ全体をすすぎ洗い

ボディをいきなり洗い始めると傷をつけてしまう可能性が有りますので予洗して大きめの埃や砂などを取り除きます。下回り洗浄が終わったらこんどはボディ全体をすすぎ洗い。高圧ガンで高いところから低いところへホコリを 一方方向へ流すように丁寧に洗い流してください。

4.ボディをシャンプー洗車

高圧ガンで取りきれなかった細かいホコリを手洗いしていきます。このとき柔らかいスポンジやマイクロファイバークロスなどきれいなものを使ってください。よく泡立てたシャンプーをボディにのせ、泡を転がすようにボディ全体を洗ってください。

5.すすぎ洗い

ボディ全体をシャンプーで洗ったらよく洗い流してください。 高圧洗浄機を使用の場合パネルの隙間に積極的にノズルを当てないでください。 シャンプーが奥まで入り込み錆やしみの原因となってしまいますのでお気をつけ下さい。

5.拭き取り

吸水性の良いクロスでボディ全体を手早く拭き取ります。 マイクロファイバークロスが比較的手に入れやすく吸水性も良くボディに傷つけにくくオススメします。

6.拭き取り後のたれ

モールの隙間やグリルの間、サイドミラーなどから拭き取り後いつまでも水が垂れてきます。 コンプレッサーがあれば便利なのですが大きく場所を取り重いので これらの解消にはブロアをオススメします。これで隙間に風をあてて水分を吹き飛ばしてください。 ヒンジ部などドアの内側もあっという間に水分を飛ばせます。 最近ではホームセンターでも充電式のブロアをおいてます。

7.帰宅

洗車後愛車を走行させ風と振動で水分を飛ばしてください。 行き届かなかったところに溜まった水分が抜けます。。

 

次回は「ノーブラシ洗車場」編です。