磨きのビフォーアフター

磨きのビフォーアフター

磨きのビフォーアフター

このページではガラスコーティングを施工する前に行う下地処理、車磨きの磨く前後の画像を使って「磨き、下地処理って何をするの?」「どんな風に仕上がるの?」といった疑問にお答えします。画像処理は一切しておりません。

最近車磨きを知った方やガラスコーティングなんてこんなものと感じている方は、ぜひ下の画像を見て興味を持っていただけるとうれしいです。当店で美しく生まれ変わった愛車たちの画像で仕上がりの様子をご紹介させていただきます。

ビフォー

アフター

洗車傷、雨染み、水垢などでせっかくのブラックボディが白ボケしています。傷を取り除くと映り込みがくっきりとし色も深みが増して生まれ変わってくれます。

ビフォー

アフター

ソリッド系の色でよく見られるつや消し状態のボンネット。紫外線による塗装表面の劣化、水垢などの汚れ、洗車傷などさまざまな原因により劣化が進行していきます。まずは表面を綺麗に磨いて劣化した塗装を取り除き、磁器のようなツヤが現れたところでガラスコーティングで保護します。くもりの下にはピッカリといい艶が潜んでいます。

ビフォー

アフター

Cピラーの傷。ソリッドブラックは傷が良く目立つ色なので気になりますね。下地処理の磨きからガラスコーティングまでいろんな種類の光源をつかってチェックし傷を取り除いていきます。磨きあがったソリッドブラックは新品のピアノのように深~いツヤを見せてくれます。

ビフォー

アフター

新品のエアロ、仕上げ磨き不足でムラムラしています。きちんと手順を踏んで最適な光源をあてて確認するとこんなに綺麗に仕上がります。

ビフォー

アフター

ドアハンドル周辺の傷、握る際に良く引っかけてしまいますね。こうした傷もきれいになります。

ビフォー

アフター

ボディ同様テールランプも傷つきます。ここを磨いて傷を取ってツヤをだすとお尻がキュッとしまってきます。まったりとしたツヤは気持ちいいものです。

ビフォー

アフター

Bピラー。ここも乗車時に必ず目に入る場所。気になりますね。

before-after16

アフター

欧州車に良く見られるアルミパーツ。モールやドアミラー、ルーフレールなどさまざまな場所に使われています。高級感があってすごくいいのですが表面がすぐに白く劣化してきます。こうした箇所も磨いて光らせます

ビフォーアフターをみていただいていかがでしょうか。代表的なお車のダメージをご紹介させていただきました。お車のダメージは多種多様です。当店ではそれぞれの状態をよく吟味し最適な施工をめざして日々作業させていただいております。あなたの愛車も綺麗になります。本当の姿を取り戻してみませんか?

お問い合わせ